ブックオフで買った漫画も売ることができる?

ブックオフで買った中古の漫画を売る時は・・・

ブックオフは買取だけでなく中古の販売も行っています。

もし、ブックオフで購入した中古の漫画を持っている場合でも、売ることが可能です。

これはブックオフグループ、ブックオフオンラインの「よくある質問」にも載っています。

たとえ、ブックオフの値札シールがついていたり、他のお店の販売価格が記載されていたとしても、査定に出すことができるとのことです。

ちなみに、ブックオフでは値札シールがついていたり、販売価格が記載されていたとしても、その内容によって買取価格が決まるということはないと説明しています。

売る時の値札シールは本当に剥さなくて良いのか?

ブックオフの説明を真に受けるのであれば、たとえ中古の漫画であってもそのままの状態で梱包し、査定に出せば売ることが出来ます。

ただ、気になるのは「本当に中古の値段に左右されないのか」ということです。

ブックオフの値札シールがついていたとしたら、それは買取の時点で、中古の中古ということになります。

例えば自分が漫画の査定をする立場だったら、その値札が目に留まっても、漫画の状態や価値だけで値段を決められるでしょうか。

もし、新品と同じくらいキレイな状態で保管されていた人気の漫画に、ブックオフの値札シールがついていたら、どう感じるでしょうか。

個人的には、人間が漫画の査定を行う以上、やはり印象というものが買取額に影響すると考えています。

ですから、もし漫画に値札シールが貼ってあったら、できるだけ取った方が良いでしょう。

売る前にやっておきたい値札シールの剥がし方

最も手軽な方法は、アルコール成分の入ったウェットティッシュで値札シールがふやけたら、ティッシュで擦るという方法です。

漫画の様なツルツルとした素材であれば、あまり失敗しませんが、コーティングされていない紙の表紙には向きません。

また、ドライヤーの温風を1分ほど値札シールにあて、粘着力が弱まったところで剥がしていくという方法も簡単です。

もし、温め不足で粘着が残ってしまったら、ハンドクリームを少量付けて、塗りこんでいくと綺麗に落とせます。

もし喫煙者の人であれば、ライター用のオイルをつかって剥がすことも可能です。

値札シールにオイルを数滴たらしたら、30秒ほど待って拭き取るだけです。

オイルの匂いが気になるところですが、すぐに蒸発するので問題ありません。